人工芝 津

【心配】人工芝は雑菌とか繁殖しないですか?衛生面が気になります

Q.人工芝を庭と屋内バルコニーとベランダに敷こうと考えているのだけれど、雑菌とかカビの発生が心配なんです。人工芝だから雑菌やカビは発生しませんよね?また、雑菌やカビが発生したらどうすればいいんですか?加えて、人工芝だと特に雑菌やカビが発生し易いのでしょうか?教えて下さい。

A.そうだよね。雑菌やカビの発生は特に小さいお子さんがいる家庭では非常に気になるよね。さて、人工芝についてですが、人工芝であっても雑菌やカビが発生しないとは言い切れません。

他方で「人工芝だと特に雑菌やカビが発生してしまう」なんてこともありません。基本的に雑菌やカビは家の中の至る所にあるのです。たとえば、畳にもフローリングにもキッチンにも部屋の壁にも雑菌はあります。

また、お風呂や家の中の湿気が多い場所や湿気がこもってしまうような場所にはカビが発生します。しかしながら、人工芝が特別に雑菌やカビの発生を促してしまうようなことは絶対にありません。

だから、「人工芝を敷いた場所に雑菌やカビが特に繁殖するようになった」ということはありませんのでご安心下さい。人工芝の専門店で扱っているような人工芝は、耐久性、耐摩耗性、耐火性、耐熱性に優れた商品は多いのですが、一方で抗菌性や除菌性に特化したような人工芝はまだ少ないように思われます。

もちろん、人工芝の中には抗菌性や除菌性にとくに優れた人工芝も発売されています。が、その数と種類は少ないようですよ。どうしても雑菌やカビの発生が気になるのなら、意識してそのような人工芝を選ぶことをお勧めします。

人工芝に雑菌が繁殖したりカビが発生しないようにするには毎日の掃除が必要です。人の足裏にはたくさんの雑菌が繁殖していると言われています。そして、人工芝はそんな足に毎日踏まれているのですから、雑菌が付くのは当然と考えてよのではないでしょうか?

雑菌やカビの発生を防ぐには人工芝にも使える無溶剤の除菌剤入りのアルカリ洗剤や薄めた中性洗剤で拭き掃除して下さい。また、除菌スプレーを定期的に吹きかけるのも簡単でよいですね。

人工芝は基本的にメンテナンスが不要ですが、最低限の掃除をしないとやはり雑菌が繁殖したりカビが発生したりします。特に屋内で人工芝を利用する場合には定期的な掃除を強く勧めします。

【不安】人工芝って部屋の中に敷いても問題ないのですか?

Q.新築したての家なんですけど、室内に人工芝を敷こうと思っているんです。考えているのは、屋内バルコニーと子供たちが遊ぶ部屋なんですけど、人工芝って屋内で使っても問題ないのですか?だって人工芝って基本的に庭やベランダといったように屋外で使うものでしょ…だから、敷いてしまう前にその点を確認しておきたいのです!

A.新築した家ですか。いいなあ~私も新築の家に住みたい!お話から察するとかなり大きい家みたいですね。羨ましい限りです。で、質問に移りますが、人工芝を敷こうと考えているのは屋内バルコニーとお子さんたちが遊ぶプレイルームということでしたね。

奥様がおっしゃる通り、人工芝は一般的に庭やベランダで使われているケースが多いと思います。しかし、奥様のように屋内バルコニーやちょっとしたプレイルーム、また自分の部屋にも人工芝を敷いている方は実際にいます。

さらにペットルームに人工芝を敷いてワンちゃんや猫ちゃんたちに室内にいながら外にいるような雰囲気を出してあげている方もいるようです。だから、奥様のように室内に人工芝を敷くという考えはまったく変ではないし間違ってもいません。

さらに言えば、「人工芝は屋外でしか利用できない」といった禁止事項や取り決めもないのです。それゆえ、人工芝を利用したいと思う方の自由な発想で利用されていっこうに構わないのです。

では次にどのような人工芝がお勧めかについてお話しましょう。基本的にどの人工芝を利用しても問題はないのですが、砂入り人工芝だけは避けて下さい。

まず屋内バルコニーですが、屋内でも庭にいるようなくつろいだ雰囲気をお望みなら、短起毛のショートパイルの人工芝から選べばよいのではないでしょうか。その中で特に天然芝に近い景観を見せてくれるような人工芝を選べば良いと思います。

ショートパイルの人工芝でも何種類かの芝の長さの人工芝を混ぜ合わせたものはクッション性にも優れており、景観も天然芝のようです。また、屋内ですので透水性については考える必要はないと思いますので、見た目の綺麗さや雰囲気、加えて足裏の感触で気に入った人工芝を選んで下さい。

次はお子さんたちが遊ばれるプレイルームについてですね。この場合はお子さんたちが遊ぶのですから安全性を第一に考えてみたいと思います。それにピッタリ合うのが長起毛のロングパイルの人工芝なんです。

ロングパイルの人工芝は、芝目が長いのでクッション性に非常に優れていることからフローリングの床よりも怪我をする危険性が低いと思われます。また、芝と皮膚との摩擦係数が低いので遊んでいて皮膚を擦りむいたり火傷をしてしまう心配も少ないのです。

加えて、遮音性にも優れていますからお隣の家をあまり気にしないで元気に遊ぶことができると思いますよ。さらに、特殊な編み込みをしている人工芝なら芝がすり減って下地が露出したり、すぐに芝目が寝てしまうなんてこともありません。

ただし、芝目が長い分、掃除はちょっと大変かも知れませんね。その点は留意しておいて下さい。以上のように人工芝を屋内や室内で使うのには何も問題はありません。が、畳の部屋に人工芝を敷くの止めて下さいね。

なぜなら、畳の上に人工芝を敷いてしまうと結果として畳が死んで腐ってしまいますから。一方、フローリングの部屋などには人工芝はお勧めです。人工芝を敷けば冬の冷たさが直にフローリングを通して足下に来るのを防げます。

足下が温かく感じられると思いますよ。

【教えて】人工芝を長く使う為にはメンテナンスが必要ですか?

Q.家の庭とベランダとバルコニーに人工芝を敷いて景観を良くしようと考えているんだけど、人工芝ってメンテナンスしなきゃいけないの?また、メンテナンスをしないと早くダメになっちゃうの?さらに、メンテナンス無しで何年くらいもつの?以上について、是非ともおしえてくださ~~い!!

A.家の庭とバルコニーとベランダに人工芝を敷きたいのですな。なるほど、よ~~く分かりました。で、メンテナンスが必要か否か?メンテナンスしないと人工芝はダメになってしまうのか?メンテナンスフリーだと何年くらいもつのか?が、あなたのご質問ですな。

つまり、あなたは「メンテナンスをしたくない!」ということなのですな。ご安心下さい!家庭用に使う人工芝なら基本的にメンテナンスは不要です!!天然芝のように芝刈りをしたり水撒きをしたり、肥料を与えたりする必要はまったくありません。

だって、人工芝なんですから!!ただし、人工芝と言ってもゴミやほこりは溜まりますから掃除はした方がいいですよ。また、夏の直射日光を受けて人工芝が熱くなってしまっているときは散水してもよいでしょう。

ただし、これはメンテナンスではありません。つまり、人工芝にはメンテナンスは不要ですが、敷いた当初の景観を長く保つため、また気持ちよく使うための手間と考えて下さい。

もちろん、そのような事をしなくても人工芝が早く痛んだり劣化したりすることはないです。さらに言えば、ベランダに敷いた人工芝が特に透水性に優れたものならば、芝目の奥にゴミやほこりが溜まらないように定期的に掃除をした方が良いと思います。

なぜなら、芝目の奥にゴミやほこりが堆積して固まってしまうと水が通り抜ける穴も詰まってしまうことで透水性が落ちてしまうからです。さて、「メンテナンスをしなくても人工芝はどのくらいもつのか?」ですが、一般的に10年くらいは大丈夫だと言われています。

また、人工芝の商品の中には20年~25年くらいはメンテナンスフリーで品質が保てると謳っているものもありますから、そのような人工芝を選ぶのも良いでしょう。

他方、人工芝でメンテナンスが必要となるものがあります。それは砂入りの人工芝でテニス用の“オムニ”と呼ばれている人工芝です。この人工芝の場合は、使っているうちに砂が詰まって固まってしまって芝が寝てしまいますので定期的に専用のブラシで砂をかき出してゴミと一緒に掃除することが必要です。

その上で充填材を補充して人工芝の状態を整えるのです。だから、もし家庭用にこのような砂入りの人工芝を敷きたいと考えるなら、上記のメンテナンスが必要となることを留意しておいて下さい。

以上、家庭用の人工芝についてはメンテナンスは必要ありません。が、掃除は定期的になさることをお勧めします。部屋の掃除だってするでしょう?!だったら、人工芝の掃除くらいはしましょうよ。

【Q&A】人工芝にはどんな種類があって用途や目的によって違うの?

Q.これから新築した家に人工芝を敷いて自分なりのアレンジしようと思っているけど…基本的に人工芝ってどんな種類があって、また用途や目的で人工芝を選ぶのか?たとえば、庭とバルコニー等の室内に敷く人工芝は違う種類の人工芝にしないといけないのか?どうそ教えて下さい!

A.いいですね~新築した家なんて!!その新築した家に人工芝で自分なりのアレンジをしてみたいということですね。分かりました。新築を祝って、あなたがお望みの質問に答えましょう。

人工芝の種類って全部を把握し切れないくらいたくさんあるんですよ。ベランダに向いた人工芝、テラスに合った人工芝、またゴルフのパター練習用の人工芝、ゲートボール、サッカー、フットサル、テニス、野球用の人工芝といったように多種多彩です。

また、ベランダに向いた人工芝にもまた種類があるんです。まあ~大きく分けると家庭用とスポーツ専用の人工芝ということになります。さらに、芝自体の長さもたくさんあります。

なかでもロングパイルという種類の人工芝は、スポーツ専用の人工芝となっており、芝の長さも50mm以上といったように、クッション性をもたせている点が特徴です。感触としては天然芝の感触に非常に近く、屋外での使用を前提としていることから耐久性や耐候性、また透水性に特に優れたものが多いようです。

さらに言えば、ロングパイルの種類の中でもショートパイルはテニス用、ロングパイルの長いものはサッカー用といったように、使う目的や用途に合わせて芝の長さを選ぶようです。

そして、そのようなスポーツ専用のロングパイルを家庭用として利用しても問題はありません。一方、家庭用の人工芝ですが、一般的には人工芝の芝の長さが30mm~40mmていどのものを利用するようです。

が、これはあくまでも一般的な目安だから、それ以上の芝の長いもの短いものが家庭用には使えないなんてことはありません。ご心配なく。たとえば、バルコニー用には、そこで子供たちも遊ぶことを考慮に入れるならば、クッション性が高くて騒音やケガの危険性を低減させてくれるような高密度の人工芝を選ぶのがひとつのチョイスでしょう。

また、庭などの屋外に敷く人工芝ならば景観を第一に考えて天然芝ライクのロングパイルの人工芝を選択するとよいでしょう。庭や屋外に敷く人工芝は天然芝に近い景観を見せてくれる人工芝を、またバルコニーやプレイルームに敷く人工芝なら感触が良くてクッション性の高いものが合うのではないですか。

一方、屋内用の人工芝ですが、厳密に言って屋内専用の人工芝というものはないように思います。ただし、バルコニー等の屋内で人工芝を敷くのであれば、都心型ノンサンドの人工芝、つまり充填材(砂)を使用しないタイプの人工芝でないと使えないでしょう。

また、インドア用の人工芝を屋内用に利用しても問題ないです。加えて、室内のフローリングの部屋にクッション性の高い人工芝を敷いても良いでしょう。

ただし、実際にいるとは思いませんが、畳に人工芝を敷こうと思ってるならやめて下さい。畳は息をしていますから、人工芝を敷いてしまうと畳が死んで腐ってしまいます。これは人工芝に限らず、絨毯やカーペットでも同じです。

以上のことから、自分のアイデアでいろいろな人工芝を選んで屋内・屋外をデコレートしてよろしいのではないでしょうか。

【教えて】人工芝の上でしてはいけない事ってあるんですか?

Q.人工芝を庭に敷こうと考えているんだけど、人工芝の上でやってはいけない禁止事項や注意事項なんてあるの?子供が人工芝の上でサッカーや野球の練習をすると思うのだけど…子供の怪我をしたりすると困るから知っておきたいの。

A.そうだね~人工芝に上でやってはいけない禁止事項ですかあ~人工芝について基本的に禁止事項が指定されているといった話しは聞いたことがないのですが…

強いて言えば、「常識から考えてしてはいけないことは人工芝の上でも禁止」ということになるのではないでしょうか?!たとえば、庭に敷いた人工芝の上でたき火はダメですよね。常識的にそんなことはしないでしょう。天然芝の上だってたき火なんて普通はしませんよね。

まず言えるとこは、基本的に人工芝の上では火気厳禁ということです。なぜなら、人工芝の芝の素材はポリプロピレンやポリエチレンといった化学素材ですから、燃えやすい素材と考えられるからです。

ですから、たばこの火などをうっかり落としてしまうと溶けてしまう恐れがありますし、最悪の場合は火事になってしまうことだって否めません。その意味から言えば、人工芝の上で花火をするのもやめた方が良いかもしれませんね。

それ以外には人工芝の上で油やシンナー等の薬品を使う際にも、こぼさないように注意して下さい。溶解剤が入った薬品だと溶ける恐れがありますから。また、油を大量にこぼしてしまうと天然芝のように土が油を吸い取ってくれないので滑りやすくなってとても危険です。

それと透水性の高い人工芝を敷いている場合は、人工芝の上で砂遊びや泥遊びは避けた方が良いでしょう。と言うのは、砂や泥が芝目に深く入ってしまうと水を通す穴が詰まって水はけの能力が低下してしまうからです。

さらに言えば、人工芝に強い衝撃を加えることも避けた方が賢明と思われます。それはあまり強い衝撃を加えて続けると、芝の劣化が進みますし、最悪の場合は芝を縫い込んで入る下地部分を破損してしまう恐れがあるのです。

それゆえ、もし庭に敷いた人工芝の上でゴルフの練習も考えているならば、ゴルフ用のマットを用意した方がいいですよ。一般家庭で使用する人工芝に関する禁止事項や注意事項は以上のようなことと思います。

その他の禁止事項や注意事項を挙げれば、スポーツ専用の人工芝での禁止事項および注意事項となります。たとえば、サッカーや野球のスパイクではメタル素材のスタッドやロングスタッドの使用は人工芝を早く痛めてしまうために禁止となっているようです。

また、底の堅い靴も場合によっては使用禁止とされているようです。そのような点を鑑みれば、庭に敷いた人工芝の上でお子さんがサッカーや野球の練習をするとの話しなので、メタルスタッドやロングスタッドのサッカーシューズや野球のスパイクは使用させない方が賢明と言うことになりますね。

運動靴がお勧めです!

【ご質問】人工芝の耐久性ってどのくらいなの?何年くらいもつの?

Q.2階のベランダがコンプリートの剥き出しなのでなにか敷こうと思っています。で、ウッドパネルか、プラスチックのタイルパネルか、人工芝かで今迷っています。問題は耐久性と耐久年数なんです。だって、そんな頻繁に敷き変えることなんかできないし、一度敷いたら少なくとも5年間くらいは敷き変えなんかしたくない!で、人工芝って耐久性や耐久年数はどうなんですか?

A.そうなのか。2階のベランダがコンクリートの剥き出しなんで、その上になにか敷きたいと考えているんですか…で、現在候補に挙がっているのがウッドパネル、プラスチックのタイルパネル、人工芝ということだね。

まず、ウッドパネルから言うと、敷いた当初はかなり景観もよく満足されると思います。が、耐久性の点で言えば、1~2年くらいで劣化が目立つようになるでしょう。雨風にさらされていると腐食がどんどん進んで、最後にはボロボロになって腐ってしまうみたいですよ。

プラスチックのタイルパネルについて言えば、耐久性の面ではウッドパネルより勝っていると言ってよいでしょう。プラスチックのタイルパネルなら水はけもそこそこですし、掃除も比較的楽と言えます。

しかし、素材がプラスチックなので雨や直射日光に長く晒されますと経年劣化が進んで膨張してブカブカしたような感じになったり、歪んだり、踏んだ途端に割れたりします。また、ウッドパネルやこの後に触れる人工芝と違って加工がいく分やっかいです。

変則的な場所まできちんと敷き詰めることは非常に難しいので綺麗な景観とはならない場合が多いです。と言うことで、人工芝についてですが、ひと昔前のいかにも緑色のプラスチックの芝でできた安っぽい外観の人工芝は、正直言って、この場合にはお勧めできません。

と言うのは、あなたが耐久性と耐久年数を問題にしているからです。そんな人工芝は他のしっかりした人工芝に比べて、耐久性も劣り、また水はけも良くないので腐食が進行が速くて、最終的には芝がボロボロになって粉となって辺り一面に散乱してしまいます。

そんなの嫌でしょう?!そんな状態になってしまったら、もはやコンクリートの剥き出しとなんら変わらないものとなります。

そこでお勧めしたいのが、最近の人工芝なのです。最近の人工芝の素材は、ポリエチレンなのですが、高耐久性ポリエチレン素材を使った人工芝ならば、「1000回の踏み込み実験をしても芝の折れが一本も無い」といった結果が出ています。

それほど現在の人工芝の耐久性は向上しているのです。また、昔の人工芝とは異なり、砂やほこりが付着し難い加工となっており、水はけも飛躍的に向上しているのです。

さらに夏の暑い直射日光を浴びても色褪せしない紫外線保護加工がしてある人工芝もありますので、いつまでも敷いた当初の景観を長く保てます。耐久年数は、そのようなしっかりした人工芝ならば10年程度は問題なく使用できると思われます。

また、製品の中には20年~25年の耐久年数を保障しており、8年間の限定保障が付帯されている商品もあるようです。以上のことから、ウッドパネルやプラスチックのタイルパネルに比べると、人工芝の方が耐久性と耐久年数においてかなり勝っていると感じられませんか?!

ただし、先のチープな素材でできた人工芝はこの限りではありませんのでその点はご了承下さいね。きちんとした人工芝の専門店で取り扱っているような製品が対象となります。

もっと詳しく知りたいとお考えならば、一度、そのような人工芝の専門店で相談されると良いでしょう。

【Q&A】人工芝ってもろプラスチックって感じだけど最近のはどう?

Q.最近の人工芝ってどうなんですか?人工芝っていうと、あのいかにも緑色のプラスチックでできた芝っていうイメージが強くて、なんか安っぽい感じですよね?!でも、ウワサでは今の人工芝ってかなり凄いって聞いたんですけど、本当なんですか??

A.疑がり深いあなたにズバリ!答えましょう。確かにあなたの言う通り、ひと昔前の人工芝って、いかにも緑色のプラスチックの芝でできた、すごく人工物ぽかったですね。

それとざらざらとした質感で天然芝の質感とはほど遠いと言ってよいものでした。だから、ちょぅとしたベランダに敷くのは問題ないのですが、家の前面の庭に敷くには見栄えがチープで敷けませんでしたね。

そういう自分もそうでしたからね…しかし、今発売されている人工芝は、あなた見たら驚いちゃいますよ!天然芝により近い質感と景観なんですよ!しかも天然芝と違って基本的にメンテナンスがいらないのです。

天然の芝とまったく同じようなナチュラルな質感を実現させ、かつ一本一本の人工芝が裏面のマットにしっかりと縫い込まれており、さらにコーティングが施されているのです。それゆえ、昔の人工芝みたいに簡単に剥げてしまうようなこともないようです。

メンテナンスだって不要です。もちろん、人工芝ですからカッターで利用したい大きさに自由自在にカットできます。

さらに!さらに!これまでの人工芝のイメージを根底から覆すようなリアルな質感は特筆ものであり、4色の異なる緑色を使用し、茶色の糸や質感の違いを実現させるために異なる糸を何種類も組み合わせて一本一本しっかりと丁寧に編み込んで入るのです。

その事で天然芝のように一本一本の人工芝がしっかりと立ち、景観もまったく天然芝のそれとなんら遜色無いものとなっています。さらに、特殊な編み方によって下地の部分が見えにくいのも特徴です。

ひと昔前の人工芝だと、よく踏まれてしまう部分がすぐに寝てしまったり抜けて剥げ落ちてしまったりして下地の部分が露出してしまうなんてことありましたよね。

今の人工芝はそんなことがなくなったんです!つまり、「部屋に敷く高級な絨毯やカーペットと同じ感覚で庭に敷ける」という感じですかな…もちろん、透水性やクッション性も飛躍的に向上しています。

だから、「水が溜まってベランダが水浸し」なんてこともないのです。さらに言えば、現在ではスポーツ専用の人工芝も進歩しているのです。ロングパイル人工芝がそれなんです。

ロングパイル人工芝は、表面の摩擦抵抗を極限まで低減させた上に、ポリエチレンと特殊充填材の組み合わせで安全性とプレー性能を飛躍的に向上させることに成功しているのです。

昔の人工芝のようにサッカーのスパイクや野球のスパイクが足に引っかかって転んで怪我をしてしまうなんてことも少なくなったようですよ。実際にロシアのプロサッカークラブチームのCSKAモスクワ(サッカー日本代表の本田選手が在籍していたくクラブです)のグランドは人工芝なんです。

このようにプロ選手の使用にも耐えられるスポーツ専用の人工芝も現在はあるのです。アメリカのプロのアメフトのフィールドも人工芝が多いようですよ。

さあ、どうですか?!昔のチープな人工芝のイメージとはまったく違うと思いませんか。本当にその事実を自分で実感したければ、一度人工芝を使っているお店へ行って、じかに手で触って確かめてみて下さい。

人工芝のイメージが一変すること請け合いです!!

【教えて】天然芝に比べて人工芝のメリットってなんですか?

Q.天然芝に比べた人工芝のメリットってなんなのか?実は私は高校の校長をしてまして、サッカーグランドを人工芝に張り替えようと考えているのです。が、人工芝にするメリットがハッキリしないと張り替えにOKが出せないのです。

A.そうですか。高校の校長先生をされている方なんですね。今回はサッカーグラウンドを人工芝に張り替えたいのですか…生徒さんが使うサッカーグラウンドですからきちんとメリットが分からないと張り替えはできませんよね。

よーく分かりました。校長先生のために天然芝に比べた人工芝のメリットについていくつか教えましょう。まずメリットとして挙げられるのが、天然芝に比べて維持コストが安いことではないでしょうか。

天然芝だと芝刈りを定期的に行わないととても使える状態を保てませんね。また、天然芝を育てるコストと手間もかかるでしょう。さらに、芝が剥げてしまったところは新しい芝を買ってきて敷かなければなりませんし、芝が根付くまでその部分は使えません。

一方、人工芝については上位の手間とコストは一切かかりません。ただし、多少のメンテナンスをしないと長く綺麗に使い続けることはできません。

たとえば、固着した人工芝の表層を専用の機械でブラシをかけて分離したり、表面に浮いたゴミ等を掃除すること、サッカーグランドなので必要ないと思いますがテニスコートとして使用する場合にはたまに硅砂を補充することが必要となります。

以上のようなメンテナンスが必要ですが、天然芝ほど手間がかかりませんし、メンテの回数も少ないと思います。次のメリットは、天然芝と違って風の強い日に土埃が立ちませんから、近隣の家に迷惑をかけることがなくなります。

また、雨の日に土が校内や外に流出するこがありませんから校内の排水溝や近所の排水溝が詰まったりしません。これらの意味では環境面に配慮したメリットと言えるでしょう。

さらなるメリットは天然芝よりも人工芝の方が芝が綺麗にそろっていることから景観が綺麗な点です。加えて、人工芝は水はけが極めてよいので天候に左右されずにグラウンドを利用できます。

このメリットはサッカー部員に喜ばれるでしょうね。また、最近の人工芝は水が地面に吸収されていく土と同じような機能をもっていることから、人工芝の水が大量に校内や外に流れ出す心配がありません。

以上が人工芝に関するメリットとなっています。これらメリットを十分に考慮してからサッカーグランドの張り替えをおこなって下さい。

【不安】アレルギーがあるんだけど人工芝を敷いても平気なの?

Q.実はアレルギー体質なんだけど人工芝を敷いても大丈夫?天然芝ならアレルギーっぽい症状はでない。でも、人工芝の化学素材がアレルギー症状を引き起こすかどうかを知りたいです。ゴルフの練習用に庭に人工芝を敷きたいと考えている。

A.アレルギーと人工芝の関係についてお応えしましょう。今回のご相談ではあたなのアレルギーが具体的によく分からないのですが、アレルギー体質という観点から包括的に答えたいと思います。

現状ではプラスチックアレルギーや樹脂アレルギーといった、人工芝とアレルギーと関係がありそうなアレルギーに関しては、人工芝によってそれらのアレルギー症状が起きたり悪化したりする事例は無いようです。

人工芝の素材としては、ポリプロピレンが一般的なようです。ポリプロピレンは、結晶性の樹脂であって、プラスチックの成分は含まれていません。また、樹脂アレルギーの方でもポリプロピレンの人工芝でアレルギーが悪化したという事例は報告されていないようです。

また、ナイロン製やポリエチレン製の人工芝やなかにはプラスチックを混ぜた人工芝もあるようです。もし、ご相談された方がプラスチックアレルギーをお持ちならポリプロピレン製の人工芝を敷けばよいのではないでしょうか。

仮に樹脂アレルギーであれば、ポリプロピレン製以外の人工芝を考えればよいと思います。加えて、皮膚アレルギーの方が人工芝に接触したことでかぶれてしまうといった事例も認められないようです。

ただし、絶対にアレルギー症状が出ないとは言い切れません。また、仮にアレルギー症状が出たとしても、それが人工芝が原因で起きたとのアレルギーと人工芝との因果関係も明確には分からないとおもいます。

そのことから、もし人工芝が原因でアレルギー症状が起きたと思っても、案外別の要因、たとえば日光アレルギーやほこりアレルギーが原因となる場合がありますので、その際には病院で検査することをお勧めします。

どうしても心配であれば、一度人工芝の専門店でご相談されるか、かかりつけの医師にご相談されてから人工芝を購入されてもよいかと思います。もうひとつアレルギーについてですが、芝アレルギーの方はかえって人工芝にした方がよいのです。

芝アレルギーの原因は、イネ科の花粉であり、症状はスギ花粉症とほぼ同じです。それゆえ、人工芝なら花粉がイネ科の花粉が飛びませんから芝アレルギーの方は人工芝の方がよいのです。

【Q&A】人工芝って凄く熱くなるし摩擦なんかで火傷しないの?

Q.人工芝のサッカーグランドで毎日練習している高校生です。でも、ちょっと気になることがあるんです。それは「人工芝だと天然芝と違って火傷するんじゃないか?」ってことです。だって夏の炎天下なんかだと人工芝って凄く熱くなるし、スライディングなんかすると熱さと摩擦熱とで皮膚が火傷しそうで怖いんです。大丈夫なのか教えて下さい!

A.高校生でサッカー部員ですか…自分も高校時代にサッカーをしていたんだよ。土でしかサッカーをした経験がないな。で、どうなのよ?人工芝の上でサッカーするっていうのは?プレーし易い?

おっと、君の質問に答えるのが先だったね。正直なところを言うとね…「絶対に火傷をしない!」とは言い切れないんだよ。人工芝はコンクリートの上に直接敷いているので、天然芝のように土がある程度日光の直射熱を吸収してくれないし、土のようなクッション性が高くないのでどうしても摩擦係数は高くなってしまうんだ。

それゆえ、天然芝のグランドに比べると表面温度はどうしても高くなることは否めない。実際に南米のプロサッカーチームが人工芝での試合中に選手が火傷をしたというニュースがあったからね。

そのときは人工芝の表面温度が凄く高かったみたいだけど…だから、夏の炎天下で人工芝の表面温度が異常に高い場合は注意する必要があるね。その場合には練習前や試合の前に散水すると表面温度が下がって火傷の危険性もかなり低くなると思うよ。

また、そのような熱くなった人工芝の上でスライディングすると表面温度の熱と摩擦熱とで火傷する可能性は高くなると思う。でも、そんな火傷の危険性が高くなるのは夏場の猛暑日に限ったことで、一般的には火傷の危険性は凄く少ないんじゃないかな?

人工芝の表面温度が異常に高くなるような猛暑日は、火傷するしないに関係なく激しい運動をすること自体が危険だと思うけど…で、最近の人工芝は火傷の危険性にも十分配慮したものとなっているんだ。

ゴムチップが充填された人工芝は、長起毛のロングパイルを使っているのでスライディングしてもクッション性が高いから火傷し難い。他方で短起毛のショートパイルの人工芝は、ロングパイルの人工芝に比べて摩擦係数が高くなるので火傷の可能性は少し高くなるね。

砂入り人工芝は、砂が入っているので火傷よりも砂で皮膚が擦りむける可能性の方が大きいと思うよ。でも、この人工芝はテニス用なので、サッカーグランドに使っているケースは少ないと思うけど…

でも、最近のショートパイルの人工芝では芝の長さを何種類か混ぜることで摩擦によるトラブルを低減させたものとなっているようだよ。人工芝の進歩はかなり早いので、人工芝を作っているメーカーでも耐熱性や耐摩擦性に優れた素材の開発が進んでいるんだ。

だからプレー中の摩擦によるトラブルや夏の炎天下でも表面温度があまり高くならないような人工芝が開発されていると思う。その一方で、現状では人工芝が原因となる火傷を100%防げるとは言えないんだ。

だから、プレーするときは注意する必要があると思うよ。しかしながら、人工芝の表面温度の熱さだけが原因で火傷するなんてことは無いと思うけどなあ~仮に熱くなった人工芝の上で何時間もじっと座っていたり、寝てしまったりするとその可能性はあると思うけど…

でも、そんなことする人は多分いないよね?もちろん、君もそんなことはしないだろう?だったら大丈夫だよ!

サイトマップ